長いトンネル抜けては見たけど雪は溶けてて

2017年4月2日(日)
THE ELECT HORROR PICTURE SHOW scene07 大阪Bigtwin Diner SHOVEL


無気力とラプソディと、夏が嫌いなシャンソン人形が流れていて少し切なかった。
無気力とラプソディというチョイスが素晴らしいなぁ、と嬉しくなった。
でも、じごくのようなあつさだった
空調が全く効いていなくて、省電なのか故障なのかすらわからなかった
広島ナミキジャンクションより暑くてさすがに異常だったので故障だと思うけれど、せめてアナウンスしてほしかった
もういきたくない


1.midoriningen
パンチがシルバニアファミリーだった。サラバ重力カバーした。
暑すぎて覚えてない

2.ピノキヲ
「何故男性が日傘を差してはいけないのか」という話。
普段カーテンを閉めきった部屋で過ごしているから外に出たらマブシイッ!マブシイッ!ってなるから日焼け云々より日光を遮るだけで涼しいんだ、という主張。
大阪のおばちゃんは腕に長いカバーして首にもひんやりするストールみたいなの巻いて、さすべえに日傘差して、
さすべえって知ってる?大阪の人以外知らない?さすべえを知らない人挙手、今脇汗を見ました

そんなお話のあとに「僕日傘とか関係なく、まず傘を差すの嫌いなんですよ」と一蹴していて今までの時間は何だったんだと思った。
あと、メイクしてるときに長い鼻毛を見つけたけどそのまま出てきたらしい。

理想的家族の少年かな?の途中で停止して??ってなっていたら「熱中症になってました」と
半端ない……

セガ→桜の木は凛々しいうゆにさんを観れるので、綺麗な感情で終えられる。
うゆにさん、ピザを回すだけではなく魅せ方をちゃんとわかっているなあとはっとした。
思春期って書かれた缶バッジほしいなって思った

3.曖昧中毒
DOESの修羅やってた
最初は譜面通り歌っているけれど結局曖昧くん独特の歌い方になって良い意味で色んなものを破壊していた。
修羅もいいけれどけれど、ばくちくのだだでぃすことかP-MODELとか変態的な曲をもっと聴きたいなと思った。
最後の曲で坂出さんがワウ踏んでたっぽくてエモかった。
MCがあると思ったら一人一人違うこと喋り出してカオス空間だった。

5.マツタケワークス
人生ゲームやってて懐かしかった

6.マイナス人生オーケストラ
「絶対に生きるぞ!200年先まで生きるのよ!」
と叫んでいた。
暑いね、とも仰っていた。
あしたのあたしシアターのギターソロでハルさんが一人で踊っていて、謎だったけれど、すごく美しかった。
ふりーくすあごーごーで
「生きていれば死ぬよりつらいことがたくさんあります。無理してでも明日を生きよう。私も、君たちも」
ハルさんがこういうことを言う理由は何なんだろう。
最後「マイナス人生オーケストアでした」とライブを締めてから前に手を差し出して、何かを掴みかけて掴み損なう、みたいな感じ

ハルさんは汗だくで故意に客に汗を飛ばして(犬の水切りみたいな感じ)、それが直撃してうわあって微妙な気持ちになったのでまだ私はハルさんという教祖には洗脳されていないんだなと安心した


ぶうさん宇宙レベルでかっこよかったなー、と余韻に浸りながらうゆにさんを観に行くという背徳感にぞくぞくした一日だった