昼からたった一人変よ誰かポリスを呼んで来て

何もしたくなくなってきた。しかし「何もしたくない」は人間として一番想起してはいけない全ての崩壊へと繋がる怠惰というリスクファクターなので、何かした。
例えば葉書を書いたり。

切手代が62円に値上がりしていることを学習したり。
11月のツアーを2箇所も申し込んでしまったり。
病院に行ったり。
特撮のアルバムを聴いたり新曲を聴いたり。
うゆにさんのブログを読み返したり。うゆにさんは私服で紐の長いショルダーバッグを斜め掛けにする男性なので、最高ですね。

蒲団・一兵卒 (岩波文庫)

蒲団・一兵卒 (岩波文庫)

気持ち悪いですね。

自分のこと書きたがりですね。

私は芥川の作品とことばの表現と、そして彼の思想が好きだし、大槻ケンヂもやっとすきになったし、ついでに雄大さんもすきだし、3人の共通点は「赤ん坊のように生きる」というところにある、というこのを発見した。
最近流行りのネットスラング《バブみ》はあながち間違いではないどころか、私が理想とすべきは間違いなくこの単語に集約されている。
オーケンと雄大さんは男の我儘的な意図をもってしたそれだから、文脈から判断すれば女性に適応するものではなく寧ろ女性はそういう男を囲えるほどの器量を持たなくてはならない筈だが、
何もやりたくないので、赤ちゃんになりたいです。
私の気は狂っておらず、残念ながら正常だけど、何もしたくないです。
思想を窃盗するだけの読書や音楽を聴くといった趣味なのであれば辞めてしまった方が幾分ましだ。
何もしたくないです。
ばぶー
勉強をします。