ボクは巨大な毒虫だった

‪惡道に死すと惡道ツアーのお陰で、私は相当救われたなと思う‬。
2ヶ月足らずの日々だったけどそれでもすごく正の影響を与えられている。
だから惡道に死すというアルバムが、本当にだいすき。新世界と、大予言と、これが特にすきだ。

そして惡道に死すの13曲目を待ち望んでいる。
7月26日まで、そして10月13日まで誰にも殺されず自分にも殺されず生きたいよ、でも、
やっぱ暗くなっちゃうから、マイナス人生オーケストラの核心ってアルバムが良いなあと思うよ……ハルさんは頭が良くてでも決定的に人間として機能するに当たってダメなところがあって、良いなあと思います
昨日は筋肉少女帯がデビュー29周年だったらしい。30周年には何か大きなイベントがあるのでしょうか。
29年も生きたことないから29年っていう時間感覚を想像できないが、感覚は想像するものではない。

今日は研究発表でした疲れました
帰宅して次の発表に向けてパワーポイントのデザインをネットで収集してたら1日が終わっていた。
こう、最初からピンクとか組み入れたら頭が弱そうで内容の充実度のハードルが低くなるじゃないですか!

変身 (新潮文庫)

変身 (新潮文庫)

初めて読んだ。
引きこもりや寝たきり老人なんかのそういう現代の社会問題をそのまま投影させられそうな暗鬱具合というか、そういう意図ではないらしいけれど。悲しい話だった。グレーゴルをかわいく思えてくる。

外国文学はどこに着眼して読書という行為をすれば正しいのか、正しくなくとも最も満足し作品を読み終えられるのか、未だに解決策を導き出せていないので未だに上手く読めない。
日本語は美しくて、日本文学も、詩も、漫画の台詞も効果音も、ゲームのシナリオも、歌詞も、日本語で書かれているからこそ感銘を受けて受動的な態度で無意識に受け入れているんだと感じる。

!!


階段!