蒸せ返る

毎日日記を書こうと思っていたのにすっかり忘れていました。最近は書き留めたい思考も感情も無い程に薄い世界が脳にあって、暑さでデロデロに溶け出して、おまけに酸素が行き届かない。薄い。暑い。暑い。暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い断捨離を始めました。押入れの箱を開けたらカルドセプトの空のパッケージとマイメロディのマスコットとイナズマイレブンのサウンドトラックと中学生棺桶のアルバムが出てきました。砂肝を塩胡椒で焼いたら美味しかったです。沖縄のお土産を母親と食べました。日記なんて自分の一番恥ずかしいところを他人に見せてるようなもんなので読んでる奴も書いてる奴も全員変態なんですかね?最近はうゆにさんのブログを読み漁っています。私はうゆにさんに恋でもしているのでしょうか?恐ろしいですね。嘘でもぶうさんに恋をしていると言いたいです。

私には、特別大好きで憧れる友人が居るんだけれど、その子は多分、というか絶対私のことが好きじゃなくて、好きとか嫌いとかそういうフェーズにもいなくて、ぶっちゃけるとガチのサイコパス気味で、二人で会っても私はそこに存在していないと錯覚するぐらいで、私の言葉を全て投げ捨てられてしまうようで会話も円滑ではなくてだから針で刺されてるような頭痛がして、でもそうだからこそ私は大好きだなーと思ってしまう。ドMなんですかね?
届かない人がすきです。
そしてどれだけ歪んでいても優しいからすきになる。
愛情信仰と人格信仰なんてクソ食らえとだんだん思ってきたので、何も無くして受容できる人間が存在していてほしいです。そんなのいないんだけど。
仲間として数えられたり、精神的繋がりを求められたり、面倒くさい世界から逸脱するだけで人じゃなくなってしまうのは、悲しいです。繋ぎ止めるものは欲望だけです。
で、その子と最近会えていなくて寂しいなあと思うけれど、彼女も私もまあまあ忙しいし、週末は殆どライブに出かけているから遊べなくて当然なんですが、いつかこういうライブがなきゃ生きてゆけないなんて思い込みもなくなるんだろうなと今だからこその行動力を客観視してしまいます。
良いことを思い出せば同時に悪いことも思い出して、完全とは程遠くてゆううつなのは梅雨が近いからです。暑さが嫌です。