読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

信じてください

2017年4月7日(金)
Rage against...xxx[type-E] 心斎橋VARON

「信じてください。私が神様です」とハルさんが告げ、始まるライブってなんか文字にしたらすごく面白いんだけど、自称神が本物かと錯覚してしまうというか存在が絶対的すぎる。オーラでもキャラクターでもなく存在が。
キワモノじゃないヴィジュアル系とのイベントで、ツアーの途中っていうのもあってそこまで勢いのある雰囲気ではなかったけど、解凍後の方向性が安定してきたライブだった。だから私が以前気になった底知れぬ狂気みたいなものは感じなかった。とある厭世家の遺言でストールで首吊ってたのは覚えている。
ふりーくすあごーごーで、矢沢がハルさんに笑ってる!って言われて、そっぽ向いたのに結局笑ってしまう矢沢が良かった。
矢沢が居るからハルさんのステージが孤高なものでなくなったなと思う。
あと「もっと腰を振って!がんばれ」と言い少しふざけるハルさんからそこはかとなく抑圧されたものを感じた(この日は園長さんが後ろにいた)。ハルさんが笑顔でいるとなんか安心する。この曲は本当に、矢沢が加入してから新たな意味が付加されたような気がするし私自身解凍後に聴いて一気に良いと思ったから。
犬人間よしおで矢沢にハルさんが喘いで!と言い、「アオーン」と鳴く矢沢(上手い)そうじゃない!って言ったら喘いでたのかな?ハルさんが「エロい!えっち!」って喜んでて面白かった。
「THE BLACK SWAN と、マイナス人生オーケストラと、寺子屋をよろしくお願いします」と言っていた。
最後に「また遊びに来てください」って言ってたのが、あ、すきってなってしまったのでしにたい
いつも仰られることなのかは知らないけど、ハルさんが遊びに来てください、って表現するのになんかすごくドキッとする。

江坂で見たときは、少し「生き急いでる」においがしてファンじゃないながらも不安になってしまったけれど、杞憂に終わったなーと思った。