読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まぼろしでも夢でもいいじゃない

2017年4月1日(土)
THE ELECT HORROR PICTURE SHOW scene04.1 渋谷DESEO

・SEX-ANDROID
セクアンの感想は誰にも公開したくないからアメブロでずっと書いてるのでそっちに書いて自己消化しようと思うのですが
ピロピロタイムと、無気力とラプソディが一番すきなので来てよかったって思った。
雄大さんはやっぱすごくかっこよかった。


・マイナス人生オーケストラ
ハルさんの煽りの語彙が非常に少なくて(元々ハルさんは語彙が豊富な人なのに)、そこからも「作られた雰囲気」っていうのはすごく良く分かるが、一方で「バンドとしての熱意」も十分に伝わってくる。意図的にMCを省き一心不乱に流れに乗るライブは純粋にかっこよくて、ハルさんもかっこいいものを押し出しているので私もかっこいいと思ってしまう。
ハルさんは一つ一つの動きに注意を払っていてしなやかで華奢ではないのに線の細い動きをされるので、そういう魅せ方が上手。現衣装と相まって矢沢と違う意味で2次元的というか。
なんてぼーーーーっと思いながらただ見ていてもハルさんと自分の世界は絶対に相容れるものではないから上手くすれ違うことができて死にたいぐらい居心地のいいライブだなって感じる。これからどうなるか分からないけれど。
でも断罪の途中から憑依したように「演じる」からまた私は口を開けて見るしかできなかった。ぽかん。
ハルさんが何者なのかよく分からないままふりーくすあごーごーでは、なんか楽しそうな空間が出来上がっていて、ハルさん楽しそうで良かったねと思った。
ハルさんは色んな意味で危ない人な気がするから色々難しい。


・ストロベリーソングオーケストラ


・犬神サアカス團
凶子さんの、全てを見据えたかのように客の目を見て歌うところがすごくかっこいい。芯が熱くなる。
ステージと、それを見る客、という隔たりが完成されていて凄いなっていつも感じる。
凶子さんの歌は前まで凄いけれどつまらないなと思っていた。でも、改めて聴いたらすごく微細な色の変化があって、頭で比べて処理するのが楽しい。
自殺の唄をメンバーも客も笑顔で迎える空間すごくすてき


・ADAPTER。
個人的に久々に見たから知らない曲がちらほらあった。頬文字は「嘘。」エイプリールフール!
ふくすけさんはいつだって変わらないって思ってたけれどやっぱ確実に、ステージングさえも目に見える形で進化してるなあって感じた。ベテランなのにまだまだ伸びるって凄い男
かわいい二枚目キャラなのに時々見える大人の色気もバンドマンとして完璧だなってしみじみする。
黄色と黒のバンドが忙しいからADAPTER。はよりコアに、よりオタクに、って、忙しさに託けて手を抜くようなことをせずストイックに音楽活動をする考え方がかっこよすぎ


・midoriningen
つ!か!れ!た!
ただ楽しいことをしたいだけの空間がピュアすぎて、こちらもピュアな気持ちで楽しめた。でも体力がなさすぎて疲れたので、パワータイプ向きだなと諦めた


シールは桜色
BGMでレティクル座の花園とかリンカネとか桜の雨とか流れてた
園長さんのセンスがいいから、センスいいですね!と言いたいけど私は媚売ってると思われそうな見た目をしているのでできないので、インターネット上に書きます