読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私、死にたがりなんです

・2017年3月16日(木)
This is a outside HEROes 名古屋Heartland



頭から最後まで一貫して同じことを仰られていたと捉えた。
北海道での置き去り事件があってああだったのなら、本当にかわいらしいお方だなあと持ち上げて愛でるのが正解なんだろうけど、やっぱ凄いなあって感動するのは生で見なきゃ何も分からないよ。

マッケンローはライブ曲だなと常々感じるけど改めてマッケンローという曲、それよりもえんそくがどういう存在であるかを知った。この曲のある部分で投げ掛けた言葉に驚いた。
二曲目に581cだったことに慣れなかった。彼が一人で彼一人の為にセットリストを組んで彼が歌いたい曲を彼が歌いたいように歌った結果これだと思うとすごく嬉しい。
ペテンで、《最後まで》というところで首を切っていたのでこれからの《最後》は《首を切る》こととなる。
イルキメラキッドでイヤモニを外して叫ぶしかない時だってあるだろと叫んでいた。それがすごくかっこよくてぽかんとしてしまった。
かっこよすぎて外側から見ることしかできなかった。
12モンスターズでは半分事故みたいなことがあって、当事者には失礼だけど私にはそれがすごく頼もしくて、私はそういうぶうさんがすきだというかそういうぶうさんを頼りたいから、ここでライブの空気を掴めた気がする。
屠殺屋マン4号のデューク更家の部分をクラオカさんはできないらしい。
インストアイベントで流れていたので歌詞は割と聴き取れた。《やっぱおつむが邪魔で上手に笑い続けられなかった》がすき
ディスコティック?な曲。ワウ踏みまくり。クラオカさんとじょさんのギターの見せ場が最高に良い。
私は惡のミカタがすごくすきだけどどうにもまともに聴けないというか私が聴いても何も生まれない曲だなと思ってしまうけど、よかった
狂ったセカイも同じ現象が起こるときがあるけどよかった
終わり方が綺麗すぎたので思わず拍手をしてしまったけれど終わりではなくブルーハーツ、ハローゴッドモーニング。この流れの感触は未だに残っている。
日常のどうしても無理なこと、つらいこと、とか、そういうことをずっと言っていて、
鬱になることがあっても、本当は大したことないんでしょ?
っていう言葉が何よりも頭に響いてる。


・2017年3月17日(金)
This is a outside HEROes 大阪RUIDO

HEROの客に向けてちゃんとライブをしていた。
超ゴードンで「俺はオタクで」という言葉が聞こえたのでこれからも支持したいと思った。
「俺はパワータイプたかじんはスピードタイプ」たかじんはヒット数稼ぐ、とか格ゲー脳だった。
USJの《小さめの借家に二人は》を《ボクラ》って変えていたのをよく覚えてる。
ツンドラの最後で私は勝手に優しさを感じてしまってなんかつらくなって心で泣いたけど楽しいライブありがとうございましたという気持ち


インストアイベントも参加して濃い2日間だった。
特にfiveStarsは感想を書きづらい珍回だった。なんか、わかんないけど、がんばれ……とおもいました