読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

許さないからこの人生めちゃくちゃにしたこと

今日は午前中に病院を予約していたのに外出が億劫になって行くのをやめてしまった。
またひとつ自分を嫌いになった。
カエルの為に鐘は鳴るをクリアした。戸高一生はすごいなと感じた。

脱価値化に走っている。こればかりは絶対に良くない。
きっとこれからは楽しいし、あの2日間は悪い夢だったなんて逃避せず現実として受け止めなければならない。
それぐらいの諦念と薄っぺらさを欲している。
このまま薄っぺらく何も考えずに生きよう。
薄っぺらい余生にしよう。
世界とセカイの間の深い溝に落ちてしまった。

例えば、青い蜘蛛よりも赤い薔薇を綺麗だと言った方が、抗うつ薬を服用している目的よりも服用しているという行為を顕示した方が、
何千倍も今よりも生きやすい。
理解されやすい。
理想を描くことはもうしない。