読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起きててもここにいい事はこないから

昨日は夢でコスモ式のライブに行った。はず。それよりも新宿ゲバルトを見るためには上京するしかないのですが。

気持ちが沈むのは良いことではなくて、でもこの時期はどうしようもない。不可抗力。
再来週は猫のテブクロツアー。それまで死にゆく心がたくさんある。


なんか私すっかり老け込んでしまったなあ!と笑ってしまう。
中高生の頃面白可笑しく聴いていたハードコアパンクなんてもう聴けないのかもしれない。アイドルも憧れのお姉さんじゃなくなった。
ヴィジュアル系だってもう何も楽しくないのかもしれない。
ポケモン星のカービィコロコロコミックもサンリオもどんどんずれていくんだ。

周りより大人だと言われる度に悲しくなる。
たまに年上と話していても(母親でさえ)お守りをしている感覚で、なんていうのは少し虚勢を張っているみたいだけど。
でも本当に皆子供みたいだよ。
その世界に居たら独り立ちを余儀なくされるんだから、ああーそうか、またこうか。って。
「轍」というものなのでしょうか。
ホンモノを求めたあまり、世界の殆どがそうではないものであると知ってしまったとでも。
私は子供騙しに騙されるほど子供じゃないし余裕がない、です。


池の上陽水 Sign

オーケンの友人で40代で亡くなった池の上陽水さん。彼の楽曲を先日初めて聴いた。
歌詞がものすごく淡くて、非偽善的で優しい。
この人は純な意味での「詩人」だなぁと思った。

coyoteという曲が印象的で、
「眠りなさい 眠っていなさい 起きてても今日はいい事もない」
ってさぁ、なんだろう、眠りについてしまいそうになる。
母が子に聴かせる子守唄なんかの深い慈愛と安堵には到底敵わないはずなのに、安心し尽くしてしまう。
そろそろ眠ろうかな。起きてると空耳がドアを叩くから。