読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寂しすぎてさ死にたいんだ彼女は

小学生の頃友人と行った文通や授業中のメモ交換以外に誰かに手紙なんて、世界でたった一人にしか出したことがないから他の人へ出す手紙なんてこと諸々勝手が分からなくて困惑する。でも今のうちに書きたいと強く感じたから書いた方がいいのだろうなと勝手に都合よく考え出して、時間を確保できるのかなど種々の不安を抱きつつ、とりあえず便箋を探しに行った。

フランシュリッペ。かわいい。

自分の手書きの文字も文章のクドさや長さも全部コンプレックスだけど便箋に見合うようなかわいい手紙を書く努力をしよう。せめて。
手紙って書いてるうちに誰の為に書きたいのか、とか話の帰着点を見失って、私みたいな拗らせたやつにはすごーくいただけない媒体なんだなって常々気持ちが梗塞している感覚で対応しているけど、手紙そのものを信仰しているようなものというか、自嘲しながらも手紙に夢見ている。


手紙にまつわるいい話を書こーとおもいます。
以前山羊座のお手紙お返事会みたいなインストアイベントがあったんだけどその場で読めるボリュームの手紙を書くべきなのに私はその場で読める程度の軽い手紙をぶうさんに出したくなくて長ったらしい手紙に同封してインスト用の手紙を書いたんだけどぶうさんは「家で読みますね」って律儀に仰ってくださって私は咄嗟に捨ててくださいって言葉が口から零れてしまったのだけど、それに対して「じゃあ読んでから捨てます」って返事してくれて
私はそれが最善の返事でしかなかったことにすごく感銘を受けた。手紙を捨てるというキャラクターがあって、その威厳(でもないけど)を保ちつつも、書き手を傷付けない配慮に、すごいなーってぞくっとした。ぶうさんはすごく実直な人だと改めて看取したし私は絶対行かない方がいいイベントだと思って勝手に意気消沈してたけど行ってよかった。
まあぶうさんは「総て」を受け入れようとしてる方だから私みたいなゴミクズでさえ安寧を得て応援することができてるだけであっていわば甘んじていて、私は今でも「良くない客」だなあと自分で自分を嫌厭しているので、ぶうさんに適う人間にならなきゃ生きていけない。
と思い巡らせつつもその時は自己の無意識から現れた言葉が「捨ててください」なんてすっごいつまらないやつだったことにショックを受けすぎたん、だ、よ、まあ意図せずとも念が込められてそうだから客から貰ったものはすべて身の回りに置かない方が賢明だと思うのは本心。
私最低なほどに面白くない人間だから、炊飯器持ってっても面白くない自信あるよ。だから私はエゴなんて持てるわけない。
ぶうさんは霊長類一、それ以上に、有機生命体一面白い方だから、さいこーだなって思うし、寂しくなってすごく悲しくなる。

インターネットにはみんながしあわせになれるいい話を書いた方がいいですね。まちがっても誰かを不幸にさせること書いたり不幸にさせる写真載せちゃいけないよ
宇宙に一人ぼっちでいるみたい!