狂っているのは僕のほう

ファイアーエムブレムヒーローズをダウンロードしたけれどチュートリアルで飽きてしまった。けど惰性で進めている
あとは所用で京都に行った。大学が京都にあるからいつものことだけど(いつものことなのにいつも行けていない)。遠かったぁ

いまいち生きてる感じがしないのですが


「狂い」の構造 (扶桑社新書)

「狂い」の構造 (扶桑社新書)

春日武彦氏と平山夢明氏の「狂い」についての対談集。実在の事件(刊行当時の時事ネタが多い)やシリアルキラーやフィクションなどから狂気というものを嗅ぎ取っていく。
個人的にタイムリーに考えたくなかったことについて大々的に触れられていたから少し参ってしまった。部屋を片付けよう。
それにしても春日先生のような人が怖くて仕方がない。
こういうタイプの人の会話における「返し」にいちいち鬱屈してしまう……想像に過ぎないけど

姫ちゃんかわいい

大正ロマン×薔薇乙女という好きな人にはたまらないであろう舞台設定。
昔は蒼星石が好きだったけど銀様がかわいく見えてくる
ローゼンはいつまで続くんだろう

ありそうでNASA荘(1) (ヤンマガKCスペシャル)

ありそうでNASA荘(1) (ヤンマガKCスペシャル)

ありそうでNASA荘(2) (ヤンマガKCスペシャル)

ありそうでNASA荘(2) (ヤンマガKCスペシャル)

ありそうでNASA荘(3) (ヤンマガKCスペシャル)

ありそうでNASA荘(3) (ヤンマガKCスペシャル)

表紙ほどお色気漫画ではなかったので表紙詐欺では。
柊先生は真面目なんだろうなあって勝手にずっと思ってる。何というか、コマの進み方やギャグがすごく丁寧なんだもん……。
テンション高いはずなのにテンション高く見えないところがすごく癖になる。
ゾンビッチの連載終了とガンガンJOKERから移籍したことを最近知った。大学入学と同時にガンガンJOKER全部処分したし、漫画も集めていた作品の新刊ほとんど買ってなかったから。少しだけ懐かしい気持ち。
頑張ってほしい


そう生きてる感じがしない!
もっと文字に起こしたいことたくさんあるけど、時間がない。なんだか忙しいようだ
私は頭痛や腹痛や忙しさを書き込むSNSの使い方がすごく嫌だなあとずっと思っていて、それを見たくなくてこう、ツイッターだと軽率にミュートしたり、時代錯誤もいいところでブログを作ったりしているんですが、まあ忙しい
‪今のこんな慌ただしさ以上に、すきなバンドの13周年から共用試験→実務実習→就活卒論卒試国試 という目まぐるしい人生が待っていて、きっとそれもあっという間に終わってしまうんだろうけれど、すきなものを満足して観ることができず無感情で社会的地位の為に動くのは地獄だろう。
私が何故この道へ進むことをやめないのかというと、低所得者にはなりたくないんですよね。統合失調症低所得者に多いらしいですよ。
歌詞カードを読んだところで考える暇がない
悲しすぎる
日常というものはこんなにも悲しいものなのか。