読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今ボクラだけが知ってる世界の果てから魔法をかけて

日曜日のライブは上手で見た。
ハルマゲドンの東京編には途中から行きだしたけど、ほぼ毎回上手で見ていたなあって今となって思い出したりする。多分、前にも書いたけれど単に自分の体力の問題だったりがあるからそこら辺で見ていた。はず。それがあるからなのか上手から見るステージがすきだ。きっと上手から見るぶうさんを見て落ち着く。
上手から見る赤い髪の総統閣下というのは、七日間戦争最終日の新宿BLAZEでも同じ光景で、あの頃と同じぐらいかそれ以上に輝いて、あの場所すべてを率いるアジテーターだった。
いつからかそんなに端で見ることもなくて、何でかっていうと最近は特に端の雰囲気が嫌で、だから端に行くことが億劫になったり、フロアの雰囲気が時間の経過と共に流動していてそれに驚くけれど、ライブは見る人によって善し悪しが変わるものだけど場所によっても気分や体調によっても全然変わっていくので、「生」って限りなく脆くて尊ぶべきものなんでだろう。
まあそんな深く考えることもないので後付けに過ぎないですこんなの。

私はぶうさんがすきだよ。
と、態々ワールドワイドにインターネット回線に乗せて愛を叫ばなくてはならないほどお前は疲れているのかと問われたらはいそうですと答えるしかないです。きっとこうして自己確認しなければならないんだと思います。
すきと言えば何度も何度も勘違いされるから嫌だけど、でも、勘違いする人には勘違いさせて掌の上で踊らせればいいと分かったので勘違いしたままで結構ですが私はぶうさんがすきだ。
今回のアルバムを「重い」と形容されることが多いように見受けられるけど、重いことが私には当然のように思えて、私みたいな無味乾燥で愛のない人間がここまで執着する生き物なんだから。ぶうさんが薄っぺらくてしょうもなかったら関心なんて微塵も生まれなかった。すきな人達とそれ以外で遮蔽された私の世界には断片でさえも存在しなかった。
ぶうさんがすきで、私の人生には存在しないからこそ、時間も金も払ってぶうさんの人生を買っている。それが自分にとって何も無いと感じたらやめる。
永遠ってやっぱ存在しないから、すごく難しくて、上手な比喩も思い浮かばないけど、
浮かない日々が続いて何もかも嫌で不安ばかりだったけれどライブが、歌が、凄いと感じたから笑えたことが嬉しかった。
ライブも歌も、「凄い」っていうことはぶうさんで初めて知ったし、それを原点でまた感じることができてよかった。
根底の不安の種は取り除くことはできないんだと思うと、刹那的な安息だったのかもしれないけれど、今は良しとしておく。

ぶうさんの人生を買っている、と下賤な書き方をしたけれど、
だからこそ私は怪人ラボがすごくすきなんだ。
怪人ラボしか聴いてなかったから他もちゃんと聴きたいと思ったのに今日も怪人ラボばっか聴いていた。
これからはちゃんと「アソウぶう」を見ていかなければならない。時間が掛かりそうだけれど愛していきたい。

とか自分で自分を律するようで面白いでしょう。
で、これまでとは関係のない話だけれど、私ウォークマン無しでは外出できない人間なんですよ。
大袈裟かもしれないけれど、ウォークマンを家に忘れて出掛ける日は帰宅して昏睡するぐらいには疲れちゃう。
醜形恐怖症の女がマスクを手放さないようにそれは依存対象だったのか、アルコール中毒の老人がワンカップ酒を常飲し続けるように毒物となっているのか、
どちらにせよ聴覚を遮断しなければ正常に生きていけないダメ人間。
真意は五感のうち削れるところは削ってできるだけセカイから切り離す為なのかなって自分で推察してるけど、どちらにせよ、そういう人間も存在するので、バンドや音楽って本当に命綱で誰かの救いになるんでしょう。
「救われたがり」にはもってこいのコンテンツ。
これは誰かが書いたことを読んで気付いたんだけど、今の私はどう足掻いても救われない人間みたいで、
だから今は少し音楽を聴くのを申し訳なく思う。

いつかこの世界が滅ぶのならそれは誰の「歌」が届いたのだろう?

2017年4月9日(日)

惡道を進め!~MAKE YOU FREE HEAVEN’S GATE~ 梅田CLUB QUATTRO

ワンマン恒例の告知。

リキッドと、たぶん今回の冒頭でも「最後の終末」が「13番目のハルマゲドン」ということだったけれど、「おわりのおわり」になる。
《いつまでも柵を越えられないの?いつまで待っても土曜日が来ないの?》のようなことで、「土曜日」の読みが「終末」だった。
《いつまでも死にきれない君に「甘き死」をもたらす「最惡の刃」を》
で、13thシングルの発表と新衣装公開。


「ここはお前の死に場所だ!!」でメンバー一人一人登場して、最後に総統閣下が出てきたんだけど、わーーーーーってただなんか、見ることしかできなかった。
無料ワンマンがどんな雰囲気になるのか全然分からなかったし、個人的な問題として私は正直「サクラ」と呼べるほど目に見えて楽しむことができない人間で、戦闘員なんかじゃなくレームダックだなあといつも思ってるから、それはどうしようもないけど、だから無料ワンマンってどういう気持ちで臨むものなんだろうって考えてたけど、やっぱ考えるより自分なりに楽しめばどうにかなるなあと思った。
すごく楽しかった。
ぶうさんはとてもにこにこしておられて(手加減なんでしょう)楽しそうで、でも、一年と少しぶりに謁見した総統閣下は、やっぱ「無敵感」に溢れていて、どこを切り取っても威厳に満ちた頼りになる総統だった。
なんか知らない間にかっこよくなりすぎていて胸が一杯一杯だった。
イルキメラでさ、なんたって俺総統閣下、って総統閣下が言うんだよ。イルキメラっていつ見ても新しい「かっこいい」を更新していて、凄いよ。
最後に「次も同じぐらい笑えそうですか」みたいなこと仰っていて、それがぼんやり記憶に残る


惡道を進め!~迷宮牢獄門~ 梅田CLUB QUATTRO



全体的にあまり覚えてないけど、とても素敵なライブだった。

ウシノシタ団だった。
「ここがお前の死に場所だ!!」がすごくすごくすごくかっこよくて、最後に十字を切るぶうさんが、本当に全てを歌ってくれる惡い人のようだった。
この曲は頭を振る曲で、Mからツンドラへと、気迫が尋常じゃなくて、改めて総統を感じて、あ覚えてないや

犬死にマクマーフィー前のMCが何となく頭に引っ掛かってる、良い意味で
例え彼氏が出来ても、KISSxxxxをずっと本棚に入れるような皆でいてください。ジャンプコミックスより大きくて薄い本をたくさん持ってるような人でいてほしい!
みたいなことを仰られていて、以前ブロマガでもこういうこと書いていたんだけど、果たしてこの空間にいる何人がこの表現で理解することができるんだろう、って思ってしまった。どうしても私はこういうことばかり考えてしまう。
何度も言ってるけどさ、俺は本当に仄暗いこと言う奴大嫌いなんだよ!意味を求めるだろうけど、もう分からなくてもいい!
そういう言葉に、いつもいつも都合悪いことを都合良く掻い摘んでしまって少し断絶されたようなどうしようもない寂しさを感じてしまう。本当はそうじゃないってことも分かっているけれど。
仄暗いことばっか言ってごめん。離れてしまった人に戻ってきてほしい、のような、「戻ってきてほしい」って懇願の意では決してないけれど、そういうことを仰られていて、
私はどうしてもこの曲のことをよく分からなかったのが、誰が聴いても「良い曲」って思えそうだからこそ中身に欠いてしまっているように勝手に感じて、ちゃんと聴いていなかったけど、簡明に捉えるべきだったって分かった。ぶうさんは、誰よりも何よりも真っ直ぐな言葉を表現するのに相応しい人だったよ。それが彼の最大のアドバンテージということもずっと勝手に思い描いていたし。
堕落道では、ダメ人間として生きることは普通に生きるより難しいとか、そういうことを。

生で聴く怪人ラボの夜は、音源で聴いたとき以上に、ああただただ美しいなって
美しいままでいられる世界、とかじゃなく、もう美しい世界として独立していて、私はこういう歌を歌う「ぶうさん」が、私の世界の中で至高の「人間」だ。
この曲の《でも諦めないよ》って箇所が私はすきで、たった一言なのに、「諦めない」という言葉が何故か強く胸を打つ。この日初めてライブで聴いても、やはりその部分がすごく印象的だった。後半のMCでも、「諦めない」ってどこかで仰っていて、その文脈なんて覚えていないけれどすごく覚えている。

そして計画は続くにも振り付けが加わった。
大計画ツアーのように「あの頃書き残した予言書の続きを」って仰っていて、まだ混ざっていた
「白も黒も何も無いのは同じだからね」がやっぱすごくいい
14才はもうこれからもずっとずっと《どいつもこいつも壊してあげる》で、総統閣下が壊してあげる、と歌うの、最強じゃん
あと、キャトルが生で聴いたら全然違って聴こえた。すごく良かった。
えんそく特有の多幸感っていうか、それが全面に出ていた。ライブでやるからより「意義」がある。
「意味」じゃなくて「意義」ってゴリラの丘ワンマンの時に敢えて強く主張していたようなそういう曲だと思った。
MCで、みんなに伝えたいことはアルバム最後の2曲(キャトルと狂ったセカイと時計仕掛けの神様)って、やんわりと伝えていたけど、ライブで聴けば聴くほどこうやって上手く曲を聴くけるようになるヒントを勝手に得られるから私はえんそくのライブにたくさん行きたいんだよ。

ガンダーラの1999年のブルースが、
今まで聴いてきたのと全然違うくて、それこそ、2年前のこの季節から1年かけて聴いたハルマゲドンでのものとも、それ以前以後に聴いたものとも全然違って、
もうこの曲には不安定なものなんて何も無くなってしまって「確信」しか残っていないような最強の歌が聴こえた。
ゴリラの丘辺りからぶうさんの疲労も募っていたように窺えたのだけれど、そんなものさえ全部無かったことのように強く激しく歌っていて、でも、
《この世界が滅ぶのならボクの歌が届くのでしょう》と歌ってからぶうさんの歌が詰まって、そこでああああって私もなんか涙が出ちゃって、なんかあの瞬間に色んな「解放」があった
その後の狂ったセカイは、例えるなら、宇宙大天使土曜日の《後はくたびれちゃって ベッドで寝転んで 「誰も知らない遊び」でも思い描いてればいいのさ》って箇所そのままだった。
こんなの上手く書くことなんてできないんだけど、ずっとずっと、こういうライブが嬉しくって自分でも泣いてるのか笑ってるのかわかんなかった
最後は「今壊れてる」って叫んでた


すごく良いライブだった

信じてください

2017年4月7日(金)
Rage against...xxx[type-E] 心斎橋VARON

「信じてください。私が神様です」とハルさんが告げ、始まるライブってなんか文字にしたらすごく面白いんだけど、自称神が本物かと錯覚してしまうというか存在が絶対的すぎる。オーラでもキャラクターでもなく存在が。
キワモノじゃないヴィジュアル系とのイベントで、ツアーの途中っていうのもあってそこまで勢いのある雰囲気ではなかったけど、解凍後の方向性が安定してきたライブだった。だから私が以前気になった底知れぬ狂気みたいなものは感じなかった。とある厭世家の遺言でストールで首吊ってたのは覚えている。
ふりーくすあごーごーで、矢沢がハルさんに笑ってる!って言われて、そっぽ向いたのに結局笑ってしまう矢沢が良かった。
矢沢が居るからハルさんのステージが孤高なものでなくなったなと思う。
あと「もっと腰を振って!がんばれ」と言い少しふざけるハルさんからそこはかとなく抑圧されたものを感じた(この日は園長さんが後ろにいた)。ハルさんが笑顔でいるとなんか安心する。この曲は本当に、矢沢が加入してから新たな意味が付加されたような気がするし私自身解凍後に聴いて一気に良いと思ったから。
犬人間よしおで矢沢にハルさんが喘いで!と言い、「アオーン」と鳴く矢沢(上手い)そうじゃない!って言ったら喘いでたのかな?ハルさんが「エロい!えっち!」って喜んでて面白かった。
「THE BLACK SWAN と、マイナス人生オーケストラと、寺子屋をよろしくお願いします」と言っていた。
最後に「また遊びに来てください」って言ってたのが、あ、すきってなってしまったのでしにたい
いつも仰られることなのかは知らないけど、ハルさんが遊びに来てください、って表現するのになんかすごくドキッとする。

江坂で見たときは、少し「生き急いでる」においがしてファンじゃないながらも不安になってしまったけれど、杞憂に終わったなーと思った。

青くなくなるお空

カッコーの巣の上で [DVD]

カッコーの巣の上で [DVD]

かなしいおはなし
チーフがいい

寺山修司の性に対するコンプレックスは彼が受け取ってきた歪んだ母性が一因に違いない

翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件 (講談社文庫)

翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件 (講談社文庫)

首くっついちゃった〜

サクリサクリと死んでゆく

正直今の自分にはとてもじゃないけど上手く聴けるものではなくてそれは発売前から分かっていたことだけれど、殺せ殺してくれ死にたがりそんな単語がぜんぶ私の頭をかすっていくんだけどこんなの発売前から分かっていたことだけれど
譫言のように死にたいと垂れる自分だからこそこの人がこれを歌うことが私のそれと真逆のように感じてしまうのは私のそれがあまりにも世俗化されなさすぎてそろそろカジュアルさを会得したいなーとは思うんだけど
たぶんこの人のそういう「死」が、私に迎合しなさすぎて逆に私の「死」もそうであって、うーんわかりませんよね
ていうか根本的に自分のこれはイレギュラーすぎて誰かに悟られるものでなければ押し付けようと思わないし、根本的に違うから「死にたがり」の枠組みになんて入れない
はなから違うかった気がしてならない
タナトスと言えばいいかな、それはリアリティがなければ、想像の限界は早く訪れるものなんだ
今までそんなこともなかったのに私は随分記憶に翻弄され続けていてここまで自分の海馬と感性を腑甲斐なく感じることはない。
いや意味わかりませんね、ちゃんと音楽として楽しみたいとおもいます、ギターがかっこいいです、最高ですね
クラオカさんのギターはいつだって正義だから生きることを実感する
はやくライブに行きたいです日曜日が楽しみだなあ
ライブで聴けば印象なんて全然変わるんだもん
って思うのはあれですよね、また希望を信じてしまっているあれですよね?
人間を忘れて惡の道を覚えたはずなのに

妙なポエムを書くことは非常に苦手なのですが
しかしずっとめんどくさいからぐるぐるぐるぐる考えていて、それをこうしてアウトプットしないと本当に爆発しそうなので言葉にして中和しているんですが
こうやって意味も価値もなく、ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる考えていればぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるいつか上に辿り着くと思い込んで慢心して進んでいたら、私はどこかで間違えていて、下に螺旋を描き続けていたみたいで、どうも沈んで沈んで空虚さが増しているみたいでどうすればいいかわからない
このままだとハコブネになんて乗れなくて置いていかれる方になる
そんなの絶対に嫌だ、
でもどんどんぐるぐる下に推進して止まらないから、こういう時こそ閃きが大事で、上と下をひっくり返したら何事もなくハイじゃないですか
世界をひっくり返せばいい
でも世界を曲げて上も下も分かんなくするのもありかもーなんて決して思ってはいけない

あそうだいつかのインストで怪人ラボの夜を推していたことは最高にすきだと思った。
そういうところが最高に危なくて恐ろしくてでもありえないほど美しいからやっぱだいすきです。
まだ一番すきな曲とかそういうんじゃないけど、怪人ラボの夜は絶対的だから安心できる。デジデリオの時点ではまだ不均衡だったけれど、だから1月に聴いた時なんかはすごく怖くて、でも怪人ラボの夜は、自分が如何に子供で、私も含むすべての者がこの人と全く異なる人生を歩んでいるかをはっきり理解できるから安心できる。やっぱぶうさんは凄すぎる人だなって分かりきったことをまた分かってしまう。
でも子供だからこそ彼が語り、彼が想像し、彼が救おうとする死にたがりについて私はこんなに分かることができないのかが分からないし分かる日ももう一生来ないと思うんだ
何者にも成れない自分に折り合いつけて笑えたらいいのに、ね

まぼろしでも夢でもいいじゃない

2017年4月1日(土)
THE ELECT HORROR PICTURE SHOW scene04.1 渋谷DESEO

・SEX-ANDROID
セクアンの感想は誰にも公開したくないからアメブロでずっと書いてるのでそっちに書いて自己消化しようと思うのですが
ピロピロタイムと、無気力とラプソディが一番すきなので来てよかったって思った。
雄大さんはやっぱすごくかっこよかった。


・マイナス人生オーケストラ
ハルさんの煽りの語彙が非常に少なくて(元々ハルさんは語彙が豊富な人なのに)、そこからも「作られた雰囲気」っていうのはすごく良く分かるが、一方で「バンドとしての熱意」も十分に伝わってくる。意図的にMCを省き一心不乱に流れに乗るライブは純粋にかっこよくて、ハルさんもかっこいいものを押し出しているので私もかっこいいと思ってしまう。
ハルさんは一つ一つの動きに注意を払っていてしなやかで華奢ではないのに線の細い動きをされるので、そういう魅せ方が上手。現衣装と相まって矢沢と違う意味で2次元的というか。
なんてぼーーーーっと思いながらただ見ていてもハルさんと自分の世界は絶対に相容れるものではないから上手くすれ違うことができて死にたいぐらい居心地のいいライブだなって感じる。これからどうなるか分からないけれど。
でも断罪の途中から憑依したように「演じる」からまた私は口を開けて見るしかできなかった。ぽかん。
ハルさんが何者なのかよく分からないままふりーくすあごーごーでは、なんか楽しそうな空間が出来上がっていて、ハルさん楽しそうで良かったねと思った。
ハルさんは色んな意味で危ない人な気がするから色々難しい。


・スとろべリーなんとか(検索避け)
初めの口上、ちゃんと聞き取れなかったけれど、「虚構」とか「見世物」とか、寺山修司みたいなことを言っていて、メンバーのビジュアルは丸尾末広とかライチ光クラブとかそこら辺のいいとこ取りみたいなもの。
言うならば一目見てアングラ・サブカルだって“誰しもが”思うもの。
男女ツインボーカルでベースギタードラムとバックダンサー的な人。なんかすごくよく分からない。楽器隊はソロプレイで、バックダンサー的な人たちは男女が首吊り縄を使って絡む曲だけは何かしらを表現したいことは伝わったけれど、他は一切謎。
ラストは出演者全員で大団円的雰囲気を醸し出して???ってなっていて人に「お遊戯会」と言われまさにそれだと理解した。
言うなれば、アングラ・サブカルの二次創作や同人活動みたいなグループ……それっぽい雰囲気だけオマージュしてみて、中身はない。バンドという表現手段は限定されるものだから、中身が詰まっていなくてもある種仕方ないと言えるが、せめて大切にすべき「世界観」さえ自ら壊してしまっていたので、救えなさしか窺えなかった。
こういう人たちがこれからの一般社会で「アングラ」「サブカル」だと認識されてゆくので、アングラもサブカルも死んだも同然だなって純なアングラ・サブカルを築いてくれている人が出演するイベントで思ってしまったので、微妙な気持ちになった。
男性ボーカルが「虚構の世界」とか言っていたけれどその世界すら本当に空虚すぎて、そうだね……と思った。
それでも私は「良い子」なので前で見てたからにこにこして手を挙げてそれっぽくノっていたけど、そういう「ノリ」を客に求めてしまうのもコンセプチュアルなバンドとしてどうなんだと疑問を感じる。バンドの盛り上がり=プチョヘンザみたいな安直すぎる思考、アングラ・サブカルを創作していく人間に向いていないと思う。
因みに私はアングラもサブカルも深く通ってこない人生だったけど、そんな私でさえこう思ってしまうので救えないです。
馬鹿しか釣れないコンテンツになりつつあって悲しいですね


・犬神サアカス團
凶子さんの、全てを見据えたかのように客の目を見て歌うところがすごくかっこいい。芯が熱くなる。
ステージと、それを見る客、という隔たりが完成されていて凄いなっていつも感じる。
凶子さんの歌は前まで凄いけれどつまらないなと思っていた。でも、改めて聴いたらすごく微細な色の変化があって、頭で比べて処理するのが楽しい。
自殺の唄をメンバーも客も笑顔で迎える空間すごくすてき


・ADAPTER。
個人的に久々に見たから知らない曲がちらほらあった。頬文字は「嘘。」エイプリールフール!
ふくすけさんはいつだって変わらないって思ってたけれどやっぱ確実に、ステージングさえも目に見える形で進化してるなあって感じた。ベテランなのにまだまだ伸びるって凄い男
かわいい二枚目キャラなのに時々見える大人の色気もバンドマンとして完璧だなってしみじみする。
黄色と黒のバンドが忙しいからADAPTER。はよりコアに、よりオタクに、って、忙しさに託けて手を抜くようなことをせずストイックに音楽活動をする考え方がかっこよすぎ


・midoriningen
つ!か!れ!た!
ただ楽しいことをしたいだけの空間がピュアすぎて、こちらもピュアな気持ちで楽しめた。でも体力がなさすぎて疲れたので、パワータイプ向きだなと諦めた


シールは桜色
BGMでレティクル座の花園とかリンカネとか桜の雨とか流れてた
園長さんのセンスがいいから、センスいいですね!と言いたいけど私は媚売ってると思われそうな見た目をしているのでできないので、インターネット上に書きます

悪い夢のように時がなぜてゆく

2017年4月2日(日)
THE ELECT HORROR PICTURE SHOW scene04.2 渋谷DESEO

白塗りピコピコのイベントだから、ということでメンバー全員白塗り。
13階の女の 身を投げること のところで眼鏡を落としていた。

隠した方がいいことをあえて隠さないことについて言及していた。そういう世界になってきている、曝け出す強迫観念、のようなことを。
朗らかな人の方が好きです。でもそうはいかない人もいる。
グルグル映畫館の天野さんについても少し触れていた。歌い終わった後フロアに頭を下げ、上を見てまた一礼していた。気がする。
バンドマンは欠けている人間で、欠けたところが見えても離れず愛してくれてバンドマンを代表して感謝します。みたいなことも仰られていた。
失敗じゃない。

おつむが邪魔で空虚になってしまったけれど私はおつむが全てだからどうしようもない。です。すみません
言葉というものも雰囲気というものも切り離せないから、脳みそが薄まってどうしようもなかった。
今回は小指の歌が一番まともな気持ちで聴けた気がする。